お客さんの利用する機会を奪わない

専門家のサービスを利用したい人はたくさんいます。知られていないということは「利用する機会を奪っている」ことになるのです。だから知られるための営業活動をしましょう。
※商工会議所さん・商工会さんにいきなり行く「飛び込み営業」は絶対にやめてください。担当者さんはメチャメチャ忙しいです。