受注数を増やす一工夫 こんなことに気をつけてます

名刺交換をしても会う回数が少ないと記憶から少しずつ薄れて、やがて忘れられます。

直接会わなくてもメールやLINE、SNSなどで接触しておけばお客さんは思い出してくれます。

お客さんが買いたいタイミングのときに思い出してもらえる、そのような仕組みを作りましょう。