闘う相手は弱い自分自身で、仕事の目的はお客さんへの貢献です

競争心から離れるようにしよう。仕事を取った・取られたと気にしていると疲れるだけです。ライバルを気にしすぎると仕事を取ることが目的に変わってしまいます。闘う相手は弱い自分自身です。仕事の目的はお客さんへの貢献です。