アレコレやって、このひと何屋さん?と思われていました

開業した頃はアレやコレやと、いろんな商品・サービスに手をつけていました。まわりからは「この人はどんなことができる人だろう」と思われていました。