244万部のドラッカー関連著作が売れている藤屋伸二先生の本で大本が紹介されました。

小さな会社は「ドラッカー戦略」で戦わずに生き残る

大本は

「常識を疑う」

「当たり前のことなどない」

という考えのもと、セミナー講師で初年度11本から3年ほどで100本の依頼をいただけるようになれました。

そのことが藤屋伸二先生の著作で事例として紹介されました。

気恥ずかしい・・・(汗)

藤屋伸二先生はニッチ戦略塾を毎月開催しておられます。

興味のある方はこちらをご覧ください。

https://niche-strategy.co.jp/theme8.html