自分の受け取り方一つです

まったく同じ環境でも楽に乗り越える人と、苦しくてたまらない人がいます。

人によってちがうものですが、受け取り方一つだと感じます。

わたしは辛くても耐えて目の前の仕事に向き合いました、そのなかで道が開けました。